外来診療

不妊外来

不妊外来

診療案内

患者様のニーズに対応できるよう、医師・培養士ともに日々研鑽を積んでおります。
ひとりで悩まず、まずはご相談下さい。

不妊カウンセラーによるカウンセリングも行っております。

診療内容

  • 不妊外来(タイミング法、人工授精、体外受精)
  • 婦人科検診
  • 女性ドック(ブライダルドック)
  • 男性不妊

 

☆6/16 当院にて胚・精子を凍結保存されている患者様へ

 

診療状況

  2002年開設以来これまで約5500人余(2019年1月現在)の方の妊娠の確認をし、

 体外受精採卵数も約4000件以上となりました。

 現在、毎月100人ほどの新規患者さんが来院されておりますが現時点では制限を設けておりません。

 今後も継続して制限無くいつでも診療が始められるように鋭意努力していきます。

 そのためにも皆様のご協力が必要となります。よろしくお願いします。

 

過去五年間のリプロセンター治療成績(2021年1月更新)

 施術数

 検査数

 妊娠数


※体外受精の妊娠数は血液反応陽性例です (%=妊娠数/全移植数,小数点四捨五入)
  

☆2019年9月より、当院では新しい培養機器(タイムラプスインキュベーター:EMBRYO SCOPE+)を導入致しました。培養器内から受精卵を取り出さずに連続観察が可能となり、培養成績および良好胚選択の向上が期待できます。

詳細は↓の画像をクリック(英語ページとなりますのでご利用ブラウザの翻訳機能を使用ください。)

 

・2020年より着床率を上げる検査や治療を取り入れました。

 

ERA®検査(子宮内膜着床機能検査)

着床の窓が適性かどうかを調べるための検査です。

体外受精で行う胚移植にて、反復着床不成功例が疑われる場合に行う検査です。

移植する日の子宮内膜が着床可能状態にあるかどうかを、遺伝子レベルで調べることができ、

移植に最適な時期を判断することができます。

詳細は↓下記画像をクリック

 

PFC-FD療法(再生医療を応用した新しい治療法)

血小板由来因子濃縮物(PFC-FD:Platelet derived Factor Concentration, Feezed Dry)

を使って子宮内膜を整える不妊治療方法です。患者様自身の血液から抽出した

血小板由来の成長因子を子宮内に注入し子宮内膜を厚くすることを促します。

詳細は↓下記リンクより

PFC-FD療法について

 

 

 

 

『当施設の紹介と妊娠の成立について』
『検査の進め方と概要』
『不妊治療の実際の治療法について その1 タイミング指導・人工授精』
『不妊治療の実際の治療法について その2 体外受精』
『体外受精における問題点について』

 

講習会

自己注射講習会

※現在webでのご予約を中止させていただいております※

ご希望の方は、お電話またはご来院時に看護師までお声かけ下さい。

当院では、体外受精で排卵誘発剤などの自己注射を希望する方を対象に講習会を開催しております。

  • 日 時 毎週水曜日 14:00~15:00
  • 場 所 リプロセンター
  • 講習料 無料
  • 定 員 最多5名様予定(指導スタッフは1~2名)
  • 内 容
    1. シリンジによる方法の実技指導
    2. ペンタイプ紹介
  • 申し込み方法
    事前予約制(Web予約)
    「予約登録」→「教室」→「自己注射指導」→「予約日」

    • ※ご家族の方は一緒に参加できません。ご本人さまに実施していただく自己注射になります。
    • ※集団で指導を行うため10分以上遅れた場合はキャンセルとさせて頂きますので時間厳守でご来院ください。
    • ※自己注射をお考えの方は、事前に「自己注射の手順」「自己注射説明および同意書」をお渡ししますので、熟読された上で「自己注射講習会」の参加予約をお取り下さい。
    • ※実技の講習会となっておりますので、腹部を出しやすい服装でおこし下さい。
    • ※ご不明な点、ご相談がございましたら、看護師スタッフまでお尋ね下さい。

 

※初診の前の事前相談がオンライン診療でご利用いただけます。

 ※2月末まで試験運用中です。 

 ↓の画像をクリックでオンライン診療の詳細ページが開きます。                 

 

 

 

初診問診表・不妊外来問診票(初診の場合は初診問診票もご記入ください)
がダウンロード出来ます。ご来院時に活用下さい。

診療を希望される方は、事前に受付にて予約をお願い致します。